ラケットの開発に

今日の東京リゾスポの授業には、ヨネックスの開発担当者の岩澤さんに来ていただきました。
まだカラーリングもされていない真っ黒な開発中のラケットを中心に、
誰にも相談することなくボールを打ち、その感触を探っていく…
違いがわかること、言葉にできることが求められます。

将来、キャリアをつんだ彼らがこうやってラケットの開発に関わるようなコーチになることを、
首をながーくして待ちたいと思います。

岩澤さん、ありがとうございました。

授業終了後はそのまま企業の方と打ち合わせに。
あるお仕事の依頼をいただき、そのお話が中心でしたが、
他に発展していきそうな、楽しくなりそうなお話もでき、
今後が楽しみです。

この仕事をやりたい、と、前々から思っていたことのひとつができるかもしれないので、
ちょっと、いや、かなり楽しみです。

  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

Comment

*

*は必須項目です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)